検索
  • おさかべ さやか

超!高齢社会の介護にどう対応していくべきか、「みまもりあいプロジェクト」について話を聞きました。


#横浜市青葉区 は、#男性の平均寿命#全国一位 です。

健康で自活できる高齢者が多いことは、大変素晴らしいことです。


しかしながら、一方で #認知症 を患い、#徘徊 してしまう高齢者がいることも現実です。


私にも96歳の認知症のおばあちゃんがいます。

約20年前、おばあちゃんと同居するために青葉区に引っ越して来ました。


おばあちゃんは新居が認識できず、迷子になってしまったことが何回かありました。

そのたびに家族と近所を探し回ったことを覚えています。

結局は交番に保護されていました。


高齢者が多い青葉区では、

このような俳諧してしまうお年寄りが、今後ますます増えることが考えられます。


どのように対応していくべきか、選挙前に社団法人セーフティーネットリンケージにお話を聞きました。

セーフティーネットリンケージでは「みまもりあいプロジェクト」 を展開しています。

具体的には、「緊急連絡ステッカー(名称;みまもりあいステッカー)と「捜索協力支援アプリ(名称;みまもりあいアプリ)の2つの仕組みを使って見守り合える街作りを支援していきます。


まずは、迷子になってしまいそうな方のお財布やカバン、携帯、衣類、靴、帽子等にステッカーをつけて頂きます。

万が一の際に、発見者がステッカー記載のフリーダイヤルに電話して記載ID番号を入力頂くと、個人情報を公開することなく、事前登録されたご家族の電話番号に直接連絡することができます。


(みまもりあいステッカー)



一般の方々は「みまもりあいアプリ」をスマホ等にダウンロードしておいてもらいます。

アプリをダウンロードした周辺地域の協力者に「捜索依頼」と「捜索者情報」が送られますので、その情報を元に迷子者を探していただきます。


発見の際には、迷子者の所持品に貼ってあるステッカーに記載されたフリーダイヤルに電話していただきます。

(みまもりあいアプリ)



この仕組みは、

「1年間に日本で現金を落として交番に届けられる金額=毎年平均160億円前後」という統計データをもとに、

日本人がすでに持つ「困っている人は助けたい」とする「互助」の気持ちを、

ICT(情報通信技術)がサポートする発想で生まれた「見守り合える街」を育てるプロジェクトです。


このアプリは、お年寄りだけでなく、お子さんにももちろん使えます。


アプリをダウンロードするなど、お年寄りや子どもが苦手をする行為は、周囲の大人が引き受けますので安心で、すでに40万ダウンロードがなされています。


これからの超!高齢社会においては、

地域の方々の協力なしには成り立っていきません。


このようなプロジェクトが展開され始めていることを、より多くの方々に知ってもらい、

長寿を代表するこの青葉区から広められていけたらと思います。

45回の閲覧

© 2018-2019 by osakabe-sayaka.com