検索
  • おさかべ さやか

女性だけの問題ではない!マタハラは少子化を直撃する日本の経済問題!


女性が妊娠すると仕事を辞めさせられてしまう #マタニティハラスメント

わたしは、#ミシェル・オバマ元大統領夫人 に直訴し、マタハラ防止を牽引しました。


#マタハラ‥、と話すとすぐに 、

「妊娠・出産・子育てする女性の問題」と受け取られがちです。


けれど、

#妊娠 するということは、パートナーとなる男性の存在が必ずあります。

パートナーと婚姻関係にあれば(事実婚の状態でも)、双方の親(父・母・義父・義母)のいずれかが存在することでしょう。


妊娠する女性を中心に、産まれてくる子どもも含め、周囲にも影響する問題なんです!



マタハラされ仕事を失うと、女性は2つのハシゴを外されます。


1つは #社会保障制度 です。

産休期間の出産手当金と育休期間の育児給付金、産休期間と育休期間の社会保障費の免除です。


もう1つは #認可保育園 のチケットです。

認可保育園に申し込むには、職場からの就労証明が必要なんです。


内閣府の調査では、

日本は未だに第一子の妊娠をきっかけに半数の女性が仕事を辞めます。


妊娠・出産後も正社員で働き続けた女性と、

マタハラで仕事を失い、子どもが育ったあとに非正規で社会復帰した女性とには、

生涯賃金で約2億円の差があるとも言われています。


ひとり2億円で、約半数が第一子の妊娠で仕事を辞めているとすると‥‥、

その額がどれほどすごいか、想像できると思います。



(マタハラ4類型 おさかべさやか著書「マタハラ問題」より 筑摩書房出版)



これはまさに、日本の経済問題です!


#少子化問題#年金問題 に直結し、社会保障費の維持を困難にさせます。


これはまさに、日本の経済問題なんです!


妊娠する女性だけの問題ではありません!


そして、女性が子育てしながら働きやすい社会は、男性にとっても働きやすい社会のはずです。


どうか皆さま

今回の統一地方選挙では、女性議員を増やしてください。

女性候補者に一票を投じてください。

女性の声をもっともっと届けていきましょう。


育児・介護しながらでも働き続けることができる社会の実現に向けて、お力お貸し下さいませ。

何卒よろしくお願い申し上げます。

83回の閲覧

© 2018-2019 by osakabe-sayaka.com