検索
  • おさかべ さやか

子連れで公園に遊びに行ったときは、すぐ近くに駐車したい。そんな願いを叶えてくれる軒先(株)さんに話を聞きに行きました。


#青葉区 は、横浜市内で一番公園の数が多い街です。

子連れで出かける時は荷物が多く、必然的に車を利用することが多くなります。

駐車場はできれば公園の隣にあって欲しい。けれど、都合よくコインパーキングがない。

そんなジレンマを解決してくれる、軒先株式会社さん に話を聞きました。

軒先(株)さんは主に2つの事業、「軒先パーキング」と「軒先ビジネス」を行っており、

空いたスペースを「貸す人」と「使う人」を繋ぐプラットフォームを運営しています。


2012年からスタートした軒先パーキング。

たとえば、公園周辺の戸建てやマンションの空いた駐車スペースを「貸す人」がいてくれたら、子連れ遊びに行ったときに、さっと車を停めることが可能になります。

コインパーキングは行ってみないと空いているか分からないですが、

軒先パーキングは事前予約制。

オンライン決済なので、集金の必要もありません。

子どものサッカーや野球の試合のときのグラウンド近くの駐車場、

花火や花見、観光地での駐車場、

軒先パーキングが増えれば、混雑時の駐車にも困らなくてすみそうです。


自治体との連携も行っていて、自治体が説明会を開き、近隣住民がその場で登録。

地域の駐車問題を解決しています。


私は理念に「女性が自分らしく生きられる社会の実現」を掲げ、

そのために「シェアシティ・横浜」として

「子育てシェア:子どもの送迎や託児、産前産後ヘルパー、ベビーシッターの充実」を

個別政策に入れています。


もし当選できたら、

横浜市内で一番公園の数が多い青葉区から、軒先パーキングを増やし、子どもの送迎を充実させて、「子育てしやすい街」へとしていきたいです。


23回の閲覧0件のコメント